BLOGTOPIC

一覧へ

News
  • ホームページをリニューアルしました
    2018年10月01月

松田の理念

松田工務店の家づくりは、創業より一貫して
「育む場としての住まいづくり」を目指しています。
時代の流れによって人も、環境も、技術や設備なども刻々と変化して行くものです。
その変化を知識だけに頼るのではなく、五感で感じなから住まいづくりにフィードバックする。 生きた提案を住まう人のトータルバランスに合わせて行っています。
これからの住まいは、人や家族。さらには地域がこころ豊に成長する器でなくてはいけないと考えます。カタチは様々ですが、住まう人が家に合わせるのではなく、住まう人のために住まいをトータルに設計する。これが松田工務店の「育む場としての住まいづくり」なのです。

matsuda koumuten

育む場としての住まいづくり

自然性能住宅

tachibana house

人は生まれた瞬間より、自然環境の大きな影響を受けて人生を過ごします。ところが多くの住まいは光、風、水、温度、湿度など様々な環境要因を快適の名の下で遮断するような設計をされ続けています。 松田工務店は、古き良き時代の日本家屋や欧米の家を探求して身近な自然を住まいの性能として取り込む家づくりを続けています。   コンセプトは「ころあい」。住まう人各々がもっている「ころあい」という感覚を大切にしながら自然性能住宅としてお客様と共に住まいの設計を行っています。

住む人の声が家をつくる

家族の数だけ夢があるように、家はそこに住まう家族一人ひとりが思い描く夢のかたちであると考えます。 誰もが満足でき、いつまでも安心して暮らすことのできる家、その実現のためにご家族の夢をじっくりと聞かせていただくところから始まります。 何度も見てじっくりと検討してください。

夢をかたちづくる

家族の数だけ夢があるように、家はそこに住まう家族一人ひとりが思い描く夢のかたちであると考えます。 誰もが満足でき、いつまでも安心して暮らすことのできる家、その実現のためにご家族の夢をじっくりと聞かせていただくところから始まります。 何度も見てじっくりと検討してください。

akagi house

家族のコミュニケーションを大切に

設計に際して「家族が自然に集う家」をテーマに掲げています。 家はただ単に家族が住むだけの場所ではなく、時間と空間を共有する人間形成の場だと考えます。 家族が自然にふれあい、光や風などの身近な自然を心と体で感じる暮らしが、家族の感動を育んでいくと信じています。

takayasu house

木造住宅へのこだわりが生んだ自然性能

松田工務店の建てる家は、日本建築の伝統を受け継ぐ在来軸組工法をベースに耐久性や快適性をさらに高める独自の改良を加えた木の家です。 その土地の気候風土や自然環境を知り尽くした職人たちが、一棟一棟手づくりで腕を振るっています。 木造住宅の最大の問題である結露や害虫対策などは、木の持つ性質と吹きぬけを使って、自然換気を組み合せることで、快適湿度をキープします。 健康で安全な住いづくりを私たちは『自然性能住宅』と名付けました。

uchiyama house

理想のライフスタイルを求めて

ミキホームでは、地球環境・地域環境・家庭環境の3つをテーマに身近な暮らしの中から、私たちにできる環境保全に向けた課題を持って行動を始めています。 自然との共生を考え、エネルギー資源を最小に考え、廃材をストーブの燃料に利用したり、自然からのエネルギー(太陽光や風)を最大に利用し、地球に負担をかけない家づくりを通してこれからの住まいのあり方を見つめていきます。