BLOGTOPIC  ・  News
BLOGTOPIC

一覧へ

News
  • ホームページをリニューアルしました
    2018年10月01月

月別アーカイブ:2015年02月

お宝!発見? 浮世絵名作選集

私のガレージの奥に長く忘れていた?本の山積み、取り出して開いて見ると

昭和44年2月発行された初期浮世絵名作選集、1巻~20巻、写楽、国芳、

歌麿Ⅰ、Ⅱ集、北斎Ⅰ、Ⅱ集、広重Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ集、江戸名所百景Ⅰ、Ⅱ集

等々綺麗に残されていました。                        クリック!

五代目、団十郎が歌舞伎界の時に武村定之進を演じた頃の模写であろう。

眉の下の眼は生き生きとして、口許からも役者の息づかい、声までもが聴き取れそう。

DSCN7702DSCN7704

 

 

 

 

 

DSCN7710

 

 

 

 

 

 

 

 

国 貞  吉原八朔白無垢の図 (3枚続り)

江戸新吉原に病み身でありながらも、馴染み客を快く来遊の場にて

相手をする為の揚げ屋入りをしていた。

その心意気、あで姿が優美な姿として描かれていた。     クリック!

DSCN7711DSCN7712

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃にはようやく庶民の間にも“ギヤマン”西洋黒船ペルーよって

ガラス鉢などが紹介された。   そのガラス鉢に桃を入れて子供に食べさすのか

か細い腕の手先には桃の皮を美味しそうにむいいている親子が描かれている。

無心に幼子の表情が愛らしい。            クリック!

DSCN7716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国 貞  (四季の内  冬)                 クリック!

江戸の末期、公認たる女護島は深川の七場所として江城の元に数百ヶ所

と沢山の宿場が有ったとされる。

しかし街娼にいたっては宿も持てず野宿の随所に出没していたとされる。

その遊女たちは、湯女、白人、躍子、山猫等と呼ばれ多くに親しまれていた。

DSCN7713

 

 

 

 

 

 

 

 

歌 麿   (エロチズムな画風)

海女のエロチックな観点をうまく描き幅広く好まれていた。

歌麿の風俗画は肉体美、裸刑のもつ美しく、なめらかに線だけを使って

描かれている。    

女の表現力は歌麿の最高傑作と言われ、西洋のビイーナスに勝讃する

描き方と云う人たちもいた。               クリック!

DSCN7715

DSCN7714

 

 

 

 

 

 

 

 

北 斎   (凱  風 快 晴)

北斎と言えば赤富士は世界中にも風雅な色使いなどと広く知れ渡る。

凱風とは南風の吹くさわやかな気候の頃。  青空をバックに名山富士を

描いている、山頂部から左へ流れるダイナミックな律動美を描いている。 クリック!

DSCN7717 DSCN7718

 

 

 

 

 

 

 

 

広 重  (江都駿河街 三井見世略図)

江戸時代に大きな商人,越後屋と言う呉服問屋で路の両側に大きな

店を構えていた。

越後屋と言えば以前に中央区にあった三越デパートの前身で有った。 クリック!

DSCN7720 DSCN7719

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ続きが有りますが、部数が多く一度ではお伝えできません。

1部2部とシリーズにして機会を見ながらお伝えいたします、20巻シリーズを

見たい方は松田工務店の松田に連絡をくださればお見せいたします。

上棟日から着々と進行中!、1カ月経ちました。

昨年12月末に上棟日を迎えた”大場の家”、正月以来大雪にも逢わず穏やかな

気候に恵まれ、工事も順調に進み施主様も非常に喜んでおられます。

職人さん達も皆、雪の無い現場に安全にスムーズに作業がはかどっています。

玄関のアクセントに無垢の板を貼り、施主様が塗装を塗りました。

施主様は塗装業を仕事とされて松田工務店と初めての出会いで、初めての仕事です。

玄関ホールの天井も無垢材です。 この板にも明るい塗装を塗りました。

DSCN7667DSCN7678

 

 

 

 

 

 

 

 

松田工務店では壁面構造にこだわり、耐震性能、気密断熱性能を高める為の

プレヲール工法を10数年前から取り入れて、基準の高い性能にお客さまからも

案心と、快適性に大変満足されています。

DSCN7679DSCN7669

 

 

 

 

 

 

 

 

大場の家は2階にお風呂、洗面場を計画しました。松田工務店の

オープンハウスのお風呂も2階に造られて26年目に成ります。

解放感が違いますよ!  このお風呂を見て安心され取り入れました。

構造の骨組はホールダウンといって柱、梁の取り付けを強風、地震等から

緩まない様に対応する、強硬な仕組みで守られ、創られています。

DSCN7674DSCN7681

 

 

 

 

 

 

 

 

全体の工事はまだ此れからですが? 少しづつ形が見えてきました。

2階の梁は空中に化粧として表しています。 お洒落ですね~!

1階の外部からリビング床下に高さ80Cm,間口4帖分の物置収納を

広くとりました。    外部収納は何かと便利です!

DSCN7672DSCN7683

 

 

 

 

 

 

 

 

夢に描いていた自分達だけの個性的なお家、家族が育むお家、

皆の絆が深まる楽しいお家、待ち遠しいですね!。

松田工務店はその場所、土地の持つ環境を考えて快適な案心の出来る

家を1棟、1棟、夢、形を造り続けて行きます。

工事中も見学されたい方は(076-429-3663)松田工務店まで

ご連絡いただければ、スタッフがご案内をいたします。

春が待ち度しい、私の愛車談義

私の愛車、BMW Z3 の紹介で~す!   今まで20年近くクラシックカーを

こよなく愛し、数台乗り付いて来たのですが、最近の夏は気温があまりにも熱く

ツーリングする機会が少なくなって?(歳には勝てないのかな~)で、エアコン付きの

快適な車を手に入れました。 松田工務店のお客様が愛用していたのを見てて

コンパクトでシャープなデザインが良いですね?しかし?同じ車では面白くない!!!

なんと!Z3 最終型式からはフエンダーが張り出したことで、エアーラインがカッコえ~

5ナンバーから3ナンバーにボリュームアップ!エンジンも2,2Lと大きくなりパワーも

170Pcこれなら欲しいな~・・ 探して !  ついにGET!手に入れました。   クリック!

 

DSCN7639 DSCN7646

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか~?  カッコいいでしょう!!  この車が生まれたのは1996年

映画の「007・ゴールデン。アイ」で華やかにデビューしました。  初期の車は

5ナンバーで有りながらスマートで美しい車!と絶賛されていました。

2002年にデザインの見直しからフェンダーの張り出し、エンジンのパワーアップ

長さも7Cm伸びて,ワイドボデーになり、 この素敵な車に変わりました。

しかし!ここでも同じ車では面白くなく? 色々手を加えて変更をしました!

まずは内装のシート、市販車はすべてブラック仕様のみ!  気に要らず赤黒の

内装に造り変えました。 幸いハンドルも見つかり、此れも交換です!!      クリック!

DSCN7650DSCN7655

 

 

 

 

 

 

 

 

私だけのオリジナル仕様になりました。 満足!満足! しかしこれはまだ始まりです?

走る車で大切なのはグリップ力! 走る、曲がる,止まる、これを安全に操作するには

タイヤ、ホイールです、足元は2インチUPの18インチに交換し、まとめてみました。 

街中の走りもいいですが?山や峠を風を切って気持ち良く走りを楽しむ、 その為に

ここまでコダワリました!。                            クリック!

DSCN7643DSCN7658

 

 

 

 

 

DSCN7644DSCN7656

 

 

 

 

 

 

 

 

もうここまで仕上がると、BMWのエングレムの色までにも気になつてきました?

皆さんが見ているエンブレムは丸の中が十字に白&ブルーのデザインが一般的かと

思います。  私は車のボデーに明るい色ではなくシックなグレー&黒の十字の

マークに変えました!    この組み合わせはなかなか見ないでしょう!?

足元のペダルも交換しました。 左のフットペダルはZ3は無く、私の手づくりです。 クリック!

 

DSCN7651DSCN7647

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンルームのヘッドカバーにも私が、塗装を塗り、ドレスUP!!

楽しく、快適な走りを楽しむには、小物も大切にします。 安全運転には

グローブは大切です。  冬物、夏物と使い分けて使用してます。

日中の強い日差しは、もちろんRay・Banのグラスを愛用しています。

 

DSCN7665DSCN7660 

 

 

 

 

 

 

 

早く春になって、お客様と楽しい新緑の中をツーリングしたいですね~!

昨年はこの車と、お客様仲間4台で九州まで長いツーリングを楽しんできました。

オープンに限らず車好き仲間は松田工務店、松田まで連絡を!

沢山の仲間たちと、楽しく新しい世界を求めツーリングしませんか。!